ten tin doorsの「共存」という考え方

モノを選ぶことは生活を選ぶことと言います。
流行りを追ってやみくもに消費を続けていた時代は終わり、その製品の背景にあるこだわりに共感できるモノを使う、そんな時代になりました。
 
テン・ティン・ドアーズは、素材にこだわってモノを作ります。過剰な装飾や端正な見栄えより、
シンプルだけど作り手の息遣いが伝わるようなディテールや、素材の自然な表情を活かして物を作ることにこだわります。
ひとつひとつが少しずつ違っていても負の要素ではないという考えから、
また廃棄物を減らし環境に配慮するサステナブルという観点からも、古材やリユース素材を積極的に活用しています。
そんな見方で選び取ったモノは環境負荷の少ないものが多く、感覚と生活は密接に結びついているのだと改めて感じます。
 
奇をてらわないデザインだけど存在感がある、唯一無二と感じられるモノに囲まれて暮らす。

地球とモノとヒトの共存 -BASIC BUT UNIQUE -

テン・ティン・ドアーズは、モノが人と共存できる居心地のよい空間を考えるブランドです。

>>> - ABOUT US - 当店について