ten tin doorsのアイアンの棚受けと無垢材ボード、どのように組み合わせるとイメージに近いものができるのか?
このページでシミュレーションしてください。

- Type 1
- Type 2
- Type 3
- Type 4
- Type 5
- Type 6
- Type 7



※画像内の数字をクリックするとその商品のページが開きます。
-WALL SHELF Type 1-
艶を抑えた落ち着いたシルバー、ナチュラル色の棚受けは、ビーズワックス仕上げのプレーンなボードとの組み合わせで、シックに使うのがお勧め。
サイズは3種類。強度もあるがっちりとした構造で、本格的な内装にも対応可能です。

1 2 3 4

上の棚を作るには… 1(2点)+2=7,700円
下の棚を作るには… 3+4(2点)=10,300円


-WALL SHELF Type 2-
ホワイトのブラケットは清潔感があり、錆にも強く水のかかりやすい洗面台回りでも使いやすいので、実用的な棚に最適。
このタイプはサイズも5種類と、幅広い用途に対応可能。白っぽくウォッシュアウトで仕上げたチークの棚板との組み合わせで、ナチュラルな空間におすすめ。また黒い棚板などを合わせれば、B/Wでシンプル&クールにキマリます。

1 2

この棚を作るには… 1(2点)+2=4,800円


-WALL SHELF Type 3-
ナチュラルブラックと呼んでいる、鉄本来の色を残したマットグレーの棚受けは、定番のタオルバーやSカンなどにも同じ仕上げがあり、 組み合わせで様々な展開が可能です。
サイズは3種。ボート古材を合わせれば、ヴィンテージ感のある個性的な棚に。

1 2

この棚を作るには… 1(2点)+2=6,300円


-WALL SHELF Type 4-
厚手で無骨なL字の棚受けもナチュラルブラック仕上げ。小さいけど機能的で、ハードなデザインにも似合います。3サイズ。 定番タオルバーやSカンなどとの組み合わせで、オリジナルの多層壁面収納も。
画像は(S)サイズと一番奥行のないチークボードとの組み合わせ。

1 2

この棚を作るには… 1+2(2点)=2,600円


-WALL SHELF Type 5-
対角線のみのすっきりしたアイアン製棚受けは、支えても吊ってもよしのデザインパーツ。 ドライフラワーなどを合わせて、洒落た飾り棚に。サイズ2種。
重いものをのせたい場合は、同じ仕上げの★L字ブラケットを補助としてご使用ください。

1 2

この棚を作るには… 1(2点)+2+★=5,200円


-WALL SHELF Type 6-
水道管のシリーズでも清潔感のあるシルバーのパーツは、白と合わせてシャビーシックに。 無機質でボリュームのあるインダストリアルな素材でも、自然素材とよくマッチする空間を構成できます。
2サイズの棚受けとタオルバー、ペーパーホルダーなどを自由に組み合わせて。

1 2 3 4 5

この棚を作るには… 1(2点)+2+3=11,400円


-WALL SHELF Type 7-
ブラックがメインのブルックリンスタイルのコーディネートには、ジョイントパーツを活かした黒の水道管シリーズの棚受けを。
上段ではMサイズとW800mmのボート古材を、下段ではSサイズとW550mmのチーク材をメインに、複合的に構成してみました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9

上の棚を作るには… 1(2点)+2+3+4=18,400円
下の棚を作るには… 7+8+9(3点)=18,600円


■ ten tin doorsの棚受けには、仕上げを合わせたビスが必要数同梱されています。 壁の構造や使い方などにより、目的に合わない場合もありますので、その際は別途DIYショップなどでご用意ください。
■ 以前の穴の補修も、市販のパテなどで簡単にできます。最後に色を合わせて整えるひと手間が、仕上がりの決め手です。
■ 賃貸のお部屋では、壁付けの物の設置を禁止している場合もありますので、ご確認の上ご購入ください。